リブドッグ 食べない

リブドッグを食べない原因はなぜ?

リブドッグは純国産の素材を使用していて、その素材もヒューマングレードとなっているので犬にとってはこれ以上ない安心できるドッグフードとなっています。

 

けれども、そんなプレミアムドッグフードなリブドッグでも犬によってはなかなか食べないという事が置きたりもします。でも、高品質な素材を使っているのに、なぜドッグフードを食べてくれないことがあるのでしょうか。

 

まず知っておきたいのは「食べないのはリブドッグに限ったことではない」ということ。

 

ドッグフードを切り替えたときなどに多いのですが、犬は新しいドッグフードに切り替えた時にいきなり新しいものは食べないことがあります。警戒しているのですね。

 

なので、もしフードを切り替えたときに食べないのであれば、従来のフードにリブドッグを少しずつ混ぜていき、2週間くらいかけて切り替えるとしっかりと食べてくれますよ。

 

また、他にも体調が優れないから食べないということも考えられます。

 

例えば、引っ越しなどをして急な環境変化が起きた時にドッグフードを食べないということがあるのですが、これは主にストレスを感じているから。ストレスを感じたことによって体調が優れず、食欲が減退しているということがありますので、一緒に遊んであげたり、場合によっては獣医さんに相談してみるのもいいでしょう。

犬のわがままで食べないことも?

リブドッグに限らずドッグフードを食べないというのは主に先ほど紹介したような、フードの切り替えがうまくできなかったことや、体調が崩れていて思うように食欲がわいてこないということがほとんどなのですが、中には単純な犬のわがままで食べないということもあります。

 

ドライドッグフードを与えるときに多いのですが、犬がフードに飽きてしまって食べないという行動をとることがあるのですね。この時に食べないからといってすぐにトッピングしてあげたり、おやつを多めに与えたりするのはあまり良くない行動。

 

味をしめて毎回食べないという行動をとる可能性も出てきます。

 

犬の嗜好のえり好みでどうしても食べてくれない時は飼い主も我慢をして食べるまで我慢するか、週に1度だけトッピングをするなどの工夫をするとだんだんと犬の方もしつけられていくはずです。

 

リブドッグを与えて食べないのなら、いったんフードを下げて次の食事の時間まで食べさせないなども効果的ですから、一度試してみてください。

 

 

他にもドッグフードを食べない原因にドッグフードの質が低いということがありますが、この点に関してはリブドッグは心配する必要はないでしょう。

 

ただ、原材料の中にアレルギーが含まれている場合もありますので、何が食べられないのかをしっかりと飼い主が把握してあげることも大切です。

 

どうしてリブドッグを食べないのか、その原因はさまざまですから、愛犬の様子をしっかりと確認して原因をしっかりと見つけてあげましょう。そうすれば食べないという問題を解決することができますよ。

page top