リブドッグ 量

リブドッグを与える量は体重次第!

リブドッグを愛犬に与えるときに大事になるのが給餌量。どのくらいの量を与えるのかによって、健康管理をしっかりとすることができますし、それが長生きにもつながってくるのですから、適当になんとなく与えるのはやめましょう。

 

とても大事なリブドッグの与える量に関してですが、目安の給餌量がありますので、そちらを参考にして与えることをおすすめします。

 

簡単に目安となる量の表を作りましたので、そちらで確認してみてください。

 

体重 1日あたりの給餌量目安(成犬の場合)
1〜3s 31〜71g
4〜6s 88〜119g
7〜9s 134〜161g
10〜12s 175〜200g
13〜15s 213〜237g

 

この表を参考に愛犬に与える給餌量を考えてみてくださいね。

 

ちなみに、これはあくまでも目安であって、この表を参考に愛犬の体重はもちろん、体型や運動量、便の状態などを日常的に観察して適宜量を加減してください。

 

例えば、雨が降っていつもよりもお散歩の時間が短かったら与える量も減らした方がいいですし、ドッグランに行っていっぱい遊んだのなら与える量いつもより増やしてもいいですね。

 

このように愛犬の様子をしっかりと観察した上でリブドッグを与える量を考えましょう。

時期によっても量を加減しよう!

リブドッグは体重を始め、体質など普段の様子を観察しながらドッグフードを与える量を調節することが大事ですが、時期によっても与える量は加減した方がいいですよ。

 

例えば先ほどの表は成犬を目安にしていますが、成犬の5kgと子犬で成長期の5kgでは食べる量はまったく違います。

 

リブドッグに限った話にはなりますが、成長期の段階【2ヶ月〜1歳未満】の時は先ほどの表の2倍を上限に調節しておきましょう。

 

反対にシニア期の段階【7歳以上】の時は先ほどの表の8〜9割くらいを目安にフードを与える量を調節してみてください。

 

微妙な違いかもしれませんが、愛犬の健康寿命を延ばすための大事なポイントになりますから、意識して与えることをおすすめします。

 

ちなみに、年齢に関係なく去勢や避妊後の犬は太りやすい傾向にありますので、特に日々の生態を確認してから量を調節するようにしましょう。コンディションを確認するために、毎日体重や毛並みの状態などを簡単でいいので記録しておくといいかもしれませんね。

 

 

また、リブドッグの給餌量に関しては細かく調節して与えることがおすすめされていますから、1度に目安の量を与えるのではなくて、2〜4回くらいに食事の時間を分けて与えてあげるとより細かくコンディションを把握することができますよ。

 

リブドッグで評判通りの成果を出すためには意識してみてくださいね。

page top