リブドッグ 賞味期限

リブドッグの賞味期限ってどのくらい?

愛犬に安心したドッグフードを与えたいのならいろんなところに気を付ける必要がありますが、指定された賞味期限以内に食べきるというのも大事なことの一つですよね。

 

そこで、気になってくるのがリブドッグの賞味期限。どのくらいの期間まで持つのでしょうか。

 

リブドッグの賞味期限について調べてみたところ、製造から1年ということが書かれていました(公式サイトより)。

 

ドッグフードの賞味期限はドライフードの場合、だいたい1年くらいですから平均的な日数ということが言えそうですね。

 

ただ、リブドッグの賞味期限で注意しなければならないこともあります。それは1年と言う賞味期限はあくまでもしっかりと保存して未開封の状態のときの期限ということ。

 

高温多湿なところでフードを保存していればそれだけ劣化することがありますし、開封してしまうと風味が損なわれてしまい品質も悪くなってしまうので、リブドッグをだんたん食べなくなってしまうことも考えられます。

 

ですので、リブドッグの賞味期限は1年となっていますが、しっかりと保存をして開封後はなるべく早く、目安としては1ヶ月以内に食べきるようにしましょう。

 

夏の暑い時期などは食品も傷みやすいですから、できれば1ヶ月以内に食べておいた方が安全かもしれません。

賞味期限切れのドッグフードを与えるのはダメなの?

人が食べる食べ物には賞味期限と消費期限の2種類の期限があり、賞味期限は美味しく味わえる期間、消費期限は安全に食べられる期間と一般的には言われたりします。

 

なので、賞味期限が切れたものであれば、風味は損なわれても食べられないことはないので料理して食べるという人もいるでしょう。

 

ところで、リブドッグもそうでしたがほとんどのドッグフードが賞味期限を採用しているので、多少期限が切れてもフードを与えても大丈夫なような気がしますよね。

 

このように考えてしまうかもしれませんが、賞味期限が切れたドッグフードを与えるのはやめましょう。

 

例えば、封を開けていない場合でもドライドッグフードの場合は多少の温度差に耐えられるように目に見えない小さな穴が開いています。

 

この穴から空気に触れてしまい酸化してしまうので、品質が落ちてしまいますし、リブドッグのようなプレミアムドッグフードの意味がなくなってしまいますよ。

 

また、開封後でも酸化によって品質が悪くなるのはもちろん、他にも虫やカビが発生したりしてしまいます。

 

ですので、賞味期限が切れたドッグフードを与えるのはやめた方がいいですし、開封後もなるべく1ヶ月以内には食べきるようにしましょう。

 

リブドッグの良さは品質の高さです。その品質の高さを最大限に感じられるようにフードを与えてくださいね。

page top